国産青汁

食の安全が大きく叫ばれるようになった昨今、みなさんも食材を買われる時には、その食材がどこで栽培されたものなのか、どこで採れたものなのかをかなり意識して買うようになったのではないでしょうか。何を重視して食材を選ぶのかという基準は人それぞれ違うかと思います。しかし、多くの人が共通して基準としていることに「国産であるかどうか」ということがあるはずです。「国産」と表示されているものと、生産地名に外国の名前が書かれてあるのでは、やはり国産を手に取る方も多いのではないでしょうか。

それではなぜ多くの人は「国産」を選ぶのでしょう。心配されるのは、薬や農薬など体に害をもたらす成分がどれだけ使われているかということ。もちろん日本で生産されたものにも農薬を使っていたりするものもあります。しかし日本では1980年代を境に、市民の中で農薬に関する反応がとても敏感になり始めました。それ以降減農薬、無農薬、有機栽培で作られる野菜などの人気が高まってきたという現実があります。日本の農薬の基準は他の国に比べても高い水準ということができるでしょう。

食の安全が大きく叫ばれるようになった昨今、みなさんも食材を買われる時には、その食材がどこで栽培されたものなのか、どこで採れたものなのかをかなり意識して買うようになったのではないでしょうか。何を重視して食材を選ぶのかという基準は人それぞれ違うかと思います。しかし、多くの人が共通して基準としていることに「国産であるかどうか」ということがあるはずです。「国産」と表示されているものと、生産地名に外国の名前が書かれてあるのでは、やはり国産を手に取る方も多いのではないでしょうか。

それではなぜ多くの人は「国産」を選ぶのでしょう。心配されるのは、薬や農薬など体に害をもたらす成分がどれだけ使われているかということ。もちろん日本で生産されたものにも農薬を使っていたりするものもあります。しかし日本では1980年代を境に、市民の中で農薬に関する反応がとても敏感になり始めました。それ以降減農薬、無農薬、有機栽培で作られる野菜などの人気が高まってきたという現実があります。日本の農薬の基準は他の国に比べても高い水準ということができるでしょう。

引越し業者一括 くらべる、君
海外で一概に、農薬がたくさん使われているということはできません。しかし何が問題かと言いますと、輸入をするということは、収穫をし店頭に並ぶまでにかなりの時間がかかるということになります。その間品質を保持するために、国産の野菜には使われない薬品などが使われている可能性があります。輸入食材というのはそこが問題です。その上、日本とは使われる薬品の制限が違うこともあります。そういったところで輸入品よりも国産がより安心であるというふうに言われています。

海外で一概に、農薬がたくさん使われているということはできません。しかし何が問題かと言いますと、輸入をするということは、収穫をし店頭に並ぶまでにかなりの時間がかかるということになります。その間品質を保持するために、国産の野菜には使われない薬品などが使われている可能性があります。輸入食材というのはそこが問題です。その上、日本とは使われる薬品の制限が違うこともあります。そういったところで輸入品よりも国産がより安心であるというふうに言われています。

• • •

自動車保険は一括見積もり

車に乗ると、色んなところでお金がかかってきます。車を維持するためには仕方のないことかもしれませんが、中でも任意保険は高いものです。任意なので、加入しなくてもいいとはなっていますが、ほとんどの人が加入しています。その理由としては、何かあったときに困るからだと思います。実際に、自分も自動車保険に加入していますが、高いと思っています。特に、車両保険をつけると掛け金が跳ね上がります。これは仕方のないことかもしれません。

 

自動車保険に加入するときには、いくつかの方法があります。車を買ったディーラーで紹介してもらったところに入るものと、インターネットで一括見積もりを利用することです。自分としては、一括見積もりを利用したほうが、自分に合った保険を選ぶことが出来るので、いいと思っています。掛け金に関しても、自分の好きなものに出来ますから、安心できます。

 

一括見積もりということなので、サイトに必要項目を打ち込んで送信すれば、それで見積もりが来ることになっています。送信しなくても、大体の金額を知ることができるところもあるらしいです。送信をすると、そんなに待たなくても、会社のほうから連絡があります。そのときに、細かいことを話すのです。

 

一括で見積もりをするので、色んな会社と比較が出来るので、選びやすいです。どこの会社が良くてどこの会社が悪いというのが一目瞭然になります。保険に詳しくなくても、きちんと説明をしてくれるので、その点は安心できます。

自動車保険 一番お得なほけ/くる

• • •

ジェルネイル検定が熱い!

今ネイリストの中で熱い検定はジェルネイル検定でしょう!

ジェルネイルはもうネイルサロンのメニューでは定番のメニューで、それこそジェルネイルの技術が無いとネイリストとして活躍することは難しいです。

ジェルネイルは材料や道具的に技術の無い人もチャレンジしやすいジャンルの技術でドラッグストアやバラエティショップ等にも道具一式が販売されています。一般人が自分でジェルネイルを楽しむ時代になっているんです。

そんな中ネイリストは一般のセルフネイラーレベルでは出来ない技術を身につけないといけません。一般人と同じレベルならお店に行かなくてもいいですものね。

なので技術を日々磨いているのですが、その技術レベルを証明する手段としてジェルネイル検定を取得する人が増えてきています。初級、中級、上級と3段階に分かれた検定試験はもちろん上級が一番難しい内容となっていて、サロンのネイリストとしてお客様に認めらる一つの手段として上級を目指す人が多いです。

検定試験はあくまでも決められた技術試験をどれだけ丁寧に早くできるかという内容なので検定試験に合格しているからといってそのネイリストがセンスのあるネイリストだということにはなりませんが、技術が上手で早いという証明にはなるでしょう。

また逆にジェルネイル検定はセルフネイルを楽しむ人からしても敷居の低い試験かもしれません。日々の趣味がどの程度の技術力なのかを知る為に受験するのも良いかもしれませんね。

• • •

赤塗りが苦手?ポリッシュのせいじゃない?

ネイル施術の基本中の基本、3級検定実技部門の最大の関門にして、プロになってもずっと永遠の課題だといわれる赤ポリッシュでのカラーリング、通称「赤塗り」。実は日本のネイリスト検定で求められる赤塗りのレベルは世界的に見ても非常に高く、キューティクルラインから1mm以内のぎりぎりまで攻めることができるネイリストなど日本以外で見たことがありません。つまり赤塗りが完璧に出来ればそれだけで世界的に自慢しても良いレベルなのですが、しかしこの赤塗りを苦手とする人が多いのもまた事実。練習練習また練習、という向きもありますが、そもそも自分にとって塗りやすい、赤塗りに適したポリッシュを使っていますか?

 

大手メーカーが出している赤ポリッシュは誰でも「大体ムラなくきちんと塗れるように」工夫されていますが、だからといって本当に誰にとってもベストかといわれたらそんなことは無いはずです。液質がメーカーによって結構違っているのがその証拠。粘度、伸び、濃さ、乾きやすさ、自分の手癖にとって最も合うものを選びましょう。何なら異なるメーカーのものを混ぜて自分にとってベストな液質を探求してみるのも手です。極端な話、塗るポリッシュは赤ければ基本何でも良く、中身が何かは問題にならないのです。

 

赤塗りが苦手だと投げる前に、自分に適した赤ポリッシュはどれかを探してみましょう。自分に合うものを見つけることが、合格への最短ルートですよ。

• • •

ネイル資格の勉強方法について

“ネイル資格には二つあり、一つがJNECネイリスト技能検定で1級から3級までの資格があります。もう一つがJNAジェルネイル技能検定で、こちらも上級、中級、初級の三つに分かれています。
どちらの資格も独学でも取得は可能ですが、JNECネイリスト技能検定は最上級の1級となるとネイル専門学校などに通って取得をする人や既にネイリストとして働いている人が取得するケースがほとんどです。JNAジェルネイル技能検定も上級は独学では難しいと言われています。
そのため勉強方法の一例としては、JNA、JNECの何れも3級や初級の合格を目指すのならば、独学で勉強をする方法や、通信講座で受講する方法でも十分合格を狙うことが出来ます。
将来的にJNAの1級やJNECの上級の合格を目指す場合は、通学という勉強方法を選んだ方がより資格取得の近道となることが多いと言えます。
また専門学校に通う場合も、設置されている学科やカリキュラムの選択によって趣味としてネイルワークをやっていくのか、将来ネイリストとして仕事をするのかで最適な学校や学科が変わってきます。
技能試験も最上級となると筆記試験で落としてしまう人が多くいます。そのため実技だけでなく、筆記に関しても力を入れているカリキュラムを選ぶのも通学で勉強する場合は大切です。

• • •

あれもこれも、100均でツールを探す!

“ネイル検定を受けるにあたり必要になってくるのが様々な道具や消耗品。でもこれらの道具や消耗品、すべてスクールや専門店などで買わないといけないと思っていませんか。

下に敷くためのタオルやペーパータオル、ハンドタオルなどは普段使っているようなもの(ただしきれいに洗ってあるもの、できれば新品)で十分ですし、ガーゼなどの消耗品も安いものでOKです。さらに道具を入れるためのトレイやウェットステリライザー、あるいはファイル立てやフィンガーボウルなど、100均で売っているキッチン用トレイやコップ、プラスチックのボウルやペン立てなどで十分に代用できます。エタノールを入れるスプレーボトルやハンドソープを入れるボトルだって100均でOK。場合によっては専用品として売られているものより使いやすいこともありますから、いろいろ工夫してみるのが良いでしょう。

逆にいいものを買うべきなのがプッシャーとニッパーです。料理する人にとっていい包丁が無いと始まらないのと同様、ネイリストにとっては良いプッシャとニッパーが無いと始まりません。良いプッシャーとニッパーは使いやすさが安物とは比較になりません。講師を長年やっているようなプロ中のプロでさえ道具を選んでいるのですから、検定を受ける側である以上いい道具をきっちり選ぶ必要があります。

道具は手の延長です。スクールで与えられたものをそのまま使うのではなく、どれだけ工夫できるかが合否のカギになりますよ。”

• • •

就職に有利な資格と勉強法

“ネイリストの資格試験にはいくつか種類があります。
現在、大きなところでは下の3つです。

1.JNECネイリスト技能検定
公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催しています。1~3級まであります。

2.ネイルスペシャリスト技能検定
インターナショナルネイルアソシエーションINA主催の検定。初級と上級の2種類にわかれています。

3.JNA認定講師
JNAネイリスト技能検定1級取得者のみが受けられる検定です。こちらはこれから資格を受けようという方にはまだ関係ないと思います。

この中で就職に有利なのはJNECネイリスト技能検定です。その中でも2級以上は取得しておいた方がいいでしょう。ネイルサロンにもよりますが、2級取得を条件に採用しているところも多いようです。

それでは資格をとるためにはどういった勉強法が必要でしょうか。
やはり難関は実技なので、実技の練習をいかに進めるかがポイントです。
オススメなのは通信講座を活用することです。独学でもできないことはないのですが、通信講座の添削を利用することで、自分の弱点が見えてきます。
だいたい試験の半年前くらいから活用するといいのではないでしょうか。
周囲でモデルさんになってくれる人を見つけて、繰り返し練習していきましょう。
時間を測って練習していくことも大事です!”

• • •

ネイル検定に合格する為に。

“私は、子育てが一段落して、何か自分の力で職業を始めたいと思い、ネイリストを目指して頑張る事にしました。ネイリストになるためには、検定が有り、それに合格しなければ、資格はもらえません。私は、学生時代から勉強とか検定とかがとっても苦手でしたので、出来れば避けて通りたかったのですが、自分の夢である、ネイリストになる為には避けて通れない道でしたので、頑張って勉強を始める事にしました。自分の性格からして独学で試験に合格出来るとはとても思えませんでしたので、専門学校に入って強制的に勉強を始める事にしました。まず、ジェル検定初級は、私の通っている学校内で、筆記試験のみで、受験出来る、という事でしたので、解らない問題は、補講の時間に、講師の先生に説明を受けて、何とかギリギリで合格する事ができました。
初めてのネイルについての勉強と検定というプレッシャーで、試験前は、かなりブルーな気持ちになっていましたが、先生方のサポートも有り、何とか1回で合格する事ができました。合格できた時はとても嬉しかったですし、これから先の中級や上級にも頑張って勉強を続けていこう、という気持ちになれました。実践は、細かい作業ばかりですが、出来上がりが良い時は幸せな気持ちになります。

• • •

ネイリストになれるまでの費用はどのくらい?

“ネイリストは独学でも学んでいる方はいますが、正直それだけでは難しいところがあります。独学で学んでも結局資格を持っていなければ、信用性がありません。なので専門的な知識を学びに行ったほうが近道だったりします。
そこでスクールや通信教育などを利用している方がいます。ではこれらはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

学ぶ方法の違いによって金額は変わってきますが、数万円程度で受けられるようなことはありません。
学費または授業料の他に教材費もしっかりかかってきます。スクールを選ぶと、最低でも総合で100万円程は用意しなければ安心できません。
通信教育はもっと低めに設定されていますが、その分細かいところまでは分からないことが多く、結果的にスクールに通ってしまうなんてパターンもあります。

それにネイリストは、基本2級以上の資格を持っていることが求められます。これ以下になってしまうと、いざ働き口を探そうにも見つけられないことがあります。
通信教育は確かに安く済ませられますが、先生が横についてしっかりと学びたいのであれば、まずはスクールから初めて見るのがいいかもしれません。
検定を受ける際もいくらかお金がかかってしまうので、全くお金をかけずにネイリストになるのは非常に難しいです。”

• • •

憧れのネイリストになるために

 

“華やかなイメージがあるネイリストのお仕事ですが、どうしたらなれるのでしょうか?
一般的にネイリストとは、爪に色鮮やかなマニキュアを塗ったりデコレーションを施す仕事だと思われています。
主な仕事は、お客様の好みに合わせたネイルアートを施していく事ですが、それだけでなく爪のケアをしたりアドバイスを行う為の深い知識も必要です。
接客業でもあるので、サービス精神や接客の技術も重要なポイントになります。

ネイリストになる為には資格を取得したほうが、就職をする上でも信頼に繋がります。
ネイリストの資格には、JNEネイリスト技能検定とINAネイルスペシャリスト技能検定の2種類があります。
この資格を取る為に、通信講座やスクール・専門学校で学ぶ必要があります。
通信講座は比較的受講料が安いので人気がありますが、自分できちんとスケジュールを立てて勉強しなくてはいけません。
プロのネイリストの講師が側にいてアドバイスをしてくれる通学の方が、安心できるかもしれません。”

• • •